スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースボールガールズ 3

B-Girls3.png


しっかしアンタんところは、外人選ぶのヘタクソやね~

3位のあんたには言われたくないわよ
スポンサーサイト

フォントふぉんと

qma.jpg


どうやらQMAには、ダイナフォントが多用されているようだ。
予選一回戦
ここの部分で使われているフォントは私も気に入っている。

しかし、私が最も気に入ったフォントは、
modern[1]


昭和モダン体と呼ばれるフォント。
今年放送された某アニメで一躍有名になったこのフォントは、どことなくハイカラな雰囲気を出しつつ、新鮮な印象を受ける。
飲食店の看板に使うのなら、洋食屋や喫茶店なんかが最も合っているのではないかな。

忍者の里・伊賀

初夏のとある休日、名古屋に行く途中に、関西本線は伊賀上野駅で途中下車、忍者のふるさとで知られる伊賀の町を訪ねてみました。
関西本線の駅から伊賀の街はけっこう離れていて、徒歩で1時間ほどかかりました。
歩いている途中に雨が降り始め、だんだんと強くなってきました。横殴りの雨です。
でもそんなの関係ありません。目標目指して突き進むのみ。

@伊賀公園?


して、なんとか伊賀城のある公園までたどり着きました。立派な天守閣ですが、たいして階層は多くなく、入場料が500円と割高だったため、外からの見学にとどまりました。

@伊賀公園?


内堀のようです。写真中央の奥のほうに、ちょうど伊賀上野駅があります。柵は全く設置してなく、大変危険です。子供連れは要注意です。

伊賀


園内には、一風変わった小屋がありました。ロープレでいうサブイベント、といったところでしょう。

@伊賀公園?


重ねられた鳥居。鳥居をいくつも重ねるのは何か意味があるのでしょうか。津和野稲荷にもこんな風にいくつもの鳥居がありました(もっとも、津和野の方は本数がハンパじゃない)。

他にも忍者屋敷とか子供向けの体感施設がありましたが、私は興味を示さず、足早に公園を後にしました。
その後、伊賀の中心街である上野市駅周辺を散策してみました。
寂れた地方都市、という言葉が良く似合う街でしたね。近鉄が経営を投げ出すほど、このへんの公共交通の状況は良くないようです。これも車社会の弊害なのです。

散策を終えて、近鉄伊賀線の九ノ一電車に乗り、伊賀上野へと戻りました。

ようつべにはサンザン笑わされました。

私はどうも、空耳に対する耐性が弱いようである。
加えて、逆再生に対する耐性も弱いようである。

その2つが合わさった映像を見ようものなら、笑いのツボにはまることは至極当然である。
ようつべを渡り歩いていたら、こんな映像に遭遇してしまった。


きんきら☆ウーマンは同人誌です!


あと1歩で呼吸困難に陥るところでした。
これだけようつべで腹かかえて笑ったのは久しぶりですねぇ。
空耳職人さん、いい仕事してますね。

小田急博物館

小田急バーチャル鉄道博物館

小田急電鉄・開業80周年を記念して、バーチャル鉄道博物館なるものが開設されました。JR東日本の鉄道博物館に対抗したのでしょうか。
レイルファンの方々はもう訪れたかと思いますが、これが実にリアルで、CGが細部にわたるまで精巧に再現されています。
他にも、昔の線路を新型電車が走ったり、近代的な駅舎から往年の名車が出発したり、という少しひねりを加えた映像も公開されていたり、更にクイズやグッズ販売もあったりと、自分がさながら博物館にいるかのような雰囲気にさせてくれます。

wall_2_1280.jpg


小田急、なかなかやるじゃん。





追記
>>近代的な駅舎から、往年の名車が発車する

これに関してですが、
福井駅に来ると、今でも見られるんじゃないかなぁ~
見れますよ~



急に寒くなったね

なんでも加賀の国では1月中旬の寒さなのだとか。
身にしみる寒さでしたが、これで1月中旬と聞いて、少し安心しました。
つまり、恐らく、ほぼ最寒だったようです。


なんだ、彩の国とあまり変わらないではないか。
あとは雪の猛攻に耐えるだけですな。
@東金沢


413系のうち2本は、敦賀方がクハ455です。
急行型ボックスシートをとるか、MT54の唸りをとるか・・・

むむむん

1138268925085.jpg


近頃、車を買おうかどうか本気で悩んでいます。
予算はいくらで、どんな車か、
・・・ほぼ毎日のように脳内会議が開かれています。
でも、今の私には必要ないかな・・・でもそれはネガティブな考えだよね・・・。

苦悩の日々は続く。

ベースボールガールズ 2

ドラゴンズ日本一おめでとう!本当に長い道のりだったね!



mixiはじめました。
azusa70で検索してね。

Notice

管理人、所用により摂津の国に出かけております。
次回更新は土曜日となりますゆえ、ご承知下さいな。

ゴー、アクティーブ!

有馬温泉へ

連休3日目、有馬温泉に行ってきました。
北神急行が思いのほか運賃が高いので、福知山線の三田まわりで有馬口へと向かい、有馬入りしました。草津・下呂と並ぶ日本3大名湯といわれている有馬温泉。期待が高まります。

@三田


三田駅で待っていたのは、この電車。
これがウルトラマン電車と呼ばれている神戸電鉄3000系です。

@有馬口


有馬口で乗り換えです。山間部ののどかな駅でした。

@有馬温泉


有馬温泉に着きました。トンネルを出ると、そこは温泉地。山に囲まれたコンパクトな地に、旅館が所狭しと並んでいます。

有馬


川岸は遊歩道となっています。関東の奥座敷が箱根なら、関西では有馬温泉でしょう。

@有馬


こんな趣深いお店もありました。木の温もりが伝わってきます。
この後、金の湯という、有馬温泉の中で最もポピュラーな立ち寄り湯に入ってきました。茶褐色で、なんとも不思議な温泉です。鉄分がたくさん含まれているので、その色なのだそうです。おかげで手拭いも茶褐色になってしまいました。
金の湯の手前で、猿芸が行われていました。結構な客入りのようでした。

@有馬


風呂上がり、お腹がすいたので蕎麦を食べ、更にまわりを散策してみました。極楽寺、だそうです。有馬温泉に浸かれた時点で、私は既に極楽気分でしたけどね。

@有馬


極楽寺の反対側には、こんな風情ある通りもありました。こういう風景は、いつまでも残しておきたいですよね。

お湯も良ければ街並みも良い。有馬温泉は私の温泉ランクでいうと

★★★★☆

四つ星でした。これで歩道がもっと広ければ、完璧でしたね。

ヘッドマーク壁紙(海編その1) 

今回は、海にちなんだヘッドマークを3つ公開しましてよ。


hokuetsu.png


北越。遠い昔、金沢方面へ出かけたとき、長岡で新幹線からこれに乗り換えたそうです。もう20年も前の話ですが。
しかし、ダイヤも車両もあの時から変わっていないというのは感慨深いですね。


nihonkai.png


日本海。JRになって20年。函館~青森間が廃止になりましたが、機関車も客車もヘッドマークも国鉄時代のまま、今も走り続けています。毎日がリバイバル運転です。私はまだ乗ったことがありません。

seto.png


瀬戸。こちらは数年前に、サンライズ瀬戸に置き換えられました。瀬戸や出雲などEF65PF牽引のブルトレは、EF66牽引の九州ブルトレに比べて、やや見劣りする感がありましたが、・・・撮っておけば、乗っておけばよかったなぁ。

ドナルドを甘く見るな!

DDRやってる人にはお馴染みの曲、
Fascination MAXXのMADです。
散々外出かもしれないけど、管理人がひどく感心したので
紹介。



その後にこれ。




うわぁぁ、ドナルドに洗脳される~

多くを語らない

在来線の話です。

JR東日本は、かなり前から

京浜東北線にE233系投入、
常磐緩行線にE233系投入


と発表し、順調に車両を製造・投入していますが、西日本はどうでしょう。常磐線の新車の話は3~4年くらい先のことだと思うのですが、既にプレスリリースを行っている東日本に対して、西は来年開業のおおさか東線ですら、どんな車両をどんなダイヤで走らせるのか・・・といったことを全く発表してくれないのです。223系だけ地味にどんどん増備されていって、使い道がはっきりしないし、何故もっとオープンにしないのでしょう?

来年開業だよ。あと5ヶ月くらいしかないのに、まだ決めてないってわけ?それとも、開業してからのお楽しみ、とかいうサプライズを考えてるわけ?そこんとこどうなの?


@須磨~塩屋



夏休み最終日の夜に、宿題を駆け込みで終わらせる
綱渡り学生みたいなもんですよ。




多くを語らない、と書きましたが、オーバーランに関してはその都度ホームページでしっかり全国発信するという有様。オーバーランって、ホームページで報告するほど重要事項なんですか?これって当該運転士に対する精神的ダメージでしかないと思うんだけど・・・。