スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの世界を飛び出した「ニコニコ動画」



最初見たときは、何かの宗教かと思いましたよ。
もう、「痛い」の一言しか出てきません。

見た目、餓鬼大目ですね。ニコ動の視聴者層って、こんなもんなんですか?
スポンサーサイト

リアルマリオ

先日紹介した「リアルドンキーコング」、それのマリオ版がないか
探してみたところ、ありました。
しかも、意外な人が演じていました。



いい時代でしたね。

ひとりフルメタルジャケット

ベトナム戦争を題材にした不朽の名作、フルケタル・ジャケット。
冒頭の有名なシーンを、たった一人で演じきった人がいます。

・・・また海外の”モノ好き”です。
まずは元ネタを。




このシーンを1人で演じると・・・



演技は完璧ですね。特にレナード(喉つかまれた人)はソックリですね~。

リアルドンキーコング



ほんと、アホなことやるよなぁ。
そのくせセットとかちゃんと作ってるし、力の入れようもすごいわ。

ようつべにはサンザン笑わされました。

私はどうも、空耳に対する耐性が弱いようである。
加えて、逆再生に対する耐性も弱いようである。

その2つが合わさった映像を見ようものなら、笑いのツボにはまることは至極当然である。
ようつべを渡り歩いていたら、こんな映像に遭遇してしまった。


きんきら☆ウーマンは同人誌です!


あと1歩で呼吸困難に陥るところでした。
これだけようつべで腹かかえて笑ったのは久しぶりですねぇ。
空耳職人さん、いい仕事してますね。